突然ですが

お子さんが「赤ちゃんってどこからくるの?」と尋ねたとき、

こたえることができますか?

 

「もちろん!」

という方、

すばらしい!!

また、別の機会にお会いしましょう\(^o^)/

 

ですが、

こんなことってありませんか?

 

  • 子どもの前でテレビでラブシーンが流れたらきまずい
  • 性教育なんて、学校に任せたらいいんじゃない?と思っているが、本当にそれでいいのか不安
  • 不審者情報が入ってくるたび、心配で仕方ない
  • 思春期が怖い

 

では、

こんな情報があったら、知りたいと思いませんか?

 

  • テレビでラブシーンが流れたら「チャンス!」と思える
  • 家庭で明るく楽しく性教育ができる
  • 防犯の知識を学べる
  • 思春期の様々な問題に前向きになれる

 

 

いかがでしょうか?

おそらくですが、あなたは

知りたいと思う反面、

 

「そんな方法、きいたことない」

「あったら、学校でやってくれたらいいじゃん」

 

そう思うのではないでしょうか?

 

 

そうなんです。

聞いたことないんです、日本では。

 

そして、

学校ではできないんです、日本では。

 

 

なぜなら、

日本では、

性的なことを大っぴらに話すことは避けられてきましたし、

 

学校では、

そんなに深い話はできない決まりがあるのです。

 

 

そうはいっても、

たいていの方はこう思うかもしれません。

 

「私だって、親に教わったことはない」

「教わらなくても、そのうち自然と分かってくる」

 

 

・・・・・

 

本当にそうでしょうか?

 

今の子どもたち、

 

決定的に、自分の子ども時代とは違う状況の中にいませんか?

 

 

子どもたち、

 

分からないことはまずお母さんに聞きます。

(聞かない子もいます)

 

お母さんが答えられなかったら、

 

本で調べます?

 

友だちに聞きます?

 

・・・ネットですよね?

 

 

 

いまや

3歳の子でもスマホを触れる時代。

 

文字が打てなくても

声だけでネットが反応してくれます。

 

悲しいかな、

ポチっただけで偶然

性交シーンに行き当たることだってあります。

 

自分が子どものころは

 

「なんとなく知る」スピードで知っても、

 

なんとかなったかもしれません。

 

 

でも、今を生きる子どもたちにとって、

 

そのスピードは20年前とは比べ物になりません。

 

 

小学校4年生の娘に「彼氏ができた」と言われて、

はたと我に返っていたのでは遅い、

 

かもしれません。

 

 

おっと、自己紹介が遅れました。

 

 

「学びは人生を豊かにする」

トヨタマキのスタディルーム

トヨタマキです。

 

 

とにかく明るい性教育「パンツの教室」の

インストラクターをさせていただいております。

 

我が子に性の話をする理由

 

「パンツの教室」についてお話する前に、

少しだけ昔話をさせてください。

 

 

私がはじめての子どもを産んだとき

約2ヶ月間は廃人のようでした。

 

子どもはとても可愛かったけど

眠れない日々に

無罪の人間が「私が殺しました」と言ってしまう気持ちが分かりました。

 

 

仕事と家事と子どものこと

うまく回せなくて

異常に早起きすることでしか

対応できなくて

 

子どもはとても可愛かったけど

保育園のお迎えのあと

もっと遊びたい子どもを泣かせたり

イライラして鬼の形相で保育園の門を閉めたことは

一度や二度ではありませんでした。

 

 

自分のからだも大切にできなくて

3週間高熱が続いていても

仕事や家事を休むことができませんでした。

 

 

 

そう、

 

とにかく不器用なのでした。

 

 

それでも、

 

落ち込んだり、悩んだりすることは、

ほとんどありませんでした。

 

 

うまくいかないことがあっても

 

誰かに聞いたり

本を読んだりして

なんとかなっていきましたし

 

周りに助けられることも多々ありましたし

 

なにより

 

クヨクヨするスキルが

私にはありませんでした。

 

 

あるのは

 

根拠のない自信だけでした。

 

 

それはどこからくるのか・・・

 

私には

 

性にオープンな環境で

 

無償の愛を感じながら育ったという背景があるから。

 

 

 

それは自分の育った環境のおかげ

 

 

なんとなく、そう分かってはいました。

 

 

そのことが

 

意味のあることだと分かった

決定的きっかけが

 

とにかく明るい性教育「パンツの教室」との出会いでした。

 

 

 

あなたは

冒頭の

「赤ちゃんはどこから来るの?」という質問に

こたえることができますか?

 

私は「できます」。

 

 

なぜなら、

 

私には性にオープンな環境で育ったという背景があるから。

 

 

でも、

 

以前の私は

「生理のことも、性交のことも、聞かれたら話せばいい」

と思っていました。

 

 

「両親が仲が良かったら

子どもはその後ろ姿を見て育つ」

 

「訳あってシングルでも

親がちゃんと働いて

笑顔でいれば大丈夫」

 

そう思っていました。

 

「もし、何らかの理由で

子どもがグレたとしても

 

親の背中がちゃんとしてれば

子どもはまっすぐな道に必ず戻ってくる」と。

 

 

でも、

 

あるとき、

子どもから性の話を聞かれたら困る方が多いことに気づいて

 

お母さん方にもっと楽しく考えてほしくて

 

どうやったらそのことをお母さんに伝えられるのか探していたところ

 

とにかく明るい性教育「パンツの教室」の存在を知りました。

 

そして

 

そこでの学びによって

またひとつ

考えが変わりました。

 

 

性教育だけは「親の背中」じゃなかった!!

 

 

性教育だけは、

 

 

肯定的に

機会をとらえて

すり込み式に

 

伝えておく

 

ということが必須だった。

 

 

それはなぜか、

 

 

性被害は起こってからでは遅いから

性教育を受けていない子が狙われるから

知らぬ間に加害者になっている可能性もあるから

 

 

 

どういうことが性被害なのか

子どもが想像できないならば

子ども自身には

防ぎようがありません。

 

 

 

 

自分のからだと同じように

友だちのからだも大切するということが

どういうことなのか知らなければ

知らぬ間に相手を傷つけてしまいます。

 

 

 

こう言うと、

 

「いろいろ教えると

余計に興味を持つのではないか?」

 

と、怖がる方がいらっしゃいますが、

 

です。

 

 

正しい知識を持っている

自分のからだも相手のからだも大事にできる

 

親から明るく楽しく伝えてもらう

自分を肯定できる、好きになる

 

性の話=いのちの話と分かる

外で言いふらしたりしない

 

 

 

性の知識はお守りです。

 

自分のからだも

相手のからだも守る

お守りです。

 

 

お母さんが性教育は大事だと思っていただけたら

あとはドンドン家庭に取り入れていただくのみ!!

 

だけど

いきなり、性交の話はできません。

順番があります。

 

 

その順番やポイントを教えてくれるのが

とにかく明るい性教育「パンツの教室」でした。

 

 

講座内容

トヨタマキのスタディルームの目的は

とにかく明るい性教育「パンツの教室」を通して

世の中のお母さん方に子育てを楽しんでほしい!

に尽きます。

 

 

トヨタマキのスタディルームでは

とにかく明るい性教育「パンツの教室」の

初級講座と中級講座をおこなっています。

 

初級講座1

■ パンツの教室のゴールとは

  (なんで必要なのか、知れば納得、やらなきゃいかん)    

■ 子どもの好きな3大ワードから学ぶ

  (ポイントが分かれば、取り入れやすくなる!)      

■ 性教育カードあそび

  (自分自身のハードルを、遊びながら下げていこ)      

■ 水着ゾーンの話

  (防犯につながる最初のはなし)     

■ パンツの教室の3つの軸

  (これがなきゃ始まんない。これさえあれば無限大)      

 

 

初級講座2

■ 子どもの年齢別 声かけポイント  

  (3才の子、9才の子、15才の子、おんなじようには言えないね)  

■ 知ってるようで案外知らない女の子編〈基礎〉

  (自分の体のことも、知ってるようで案外知らなかった!?)

■ 誰かに聞きたい男の子のからだ編〈基礎〉

  (知らなきゃ話せない、でも誰も教えてくれない話)

■ 性犯罪を防ぐ最初の話〈イントロ〉

  (知らなきゃ、守りようがありません)

 

 

中級講座1

■ 明るく楽しい性教育のメリット  

  (反抗期も思春期もどーんとこいの会話術を学ぼう)    

■ 知ってるようで案外知らない女の子編〈応用〉 

  (生理は学びの大チャンス! 生理が教えてくれることとは)   

■ 誰かに聞きたい男の子のからだ編〈応用〉

  (変化は学びの大チャンス! 変化が教えてくれることとは)   

■ 性犯罪を防ぐ続きの話

  (体のことがちゃんと分かったら心も落ち着きます)   

 

 

中級講座2

■ あるあるQ&A     

  (これであなたも子どもの質問にドキッとしない)   

■ 妊娠へのストーリーを学ぶ

  (赤ちゃんはどこから来るか正しく楽しく伝えたい)   

■ 避妊や性感染症の話

  (自分も相手も大切にできる子になってほしいから)   

 

中級講座3

■ 誰かに聞きたい性犯罪の防ぎ方(応用編)   

  (自分で自分を守れる子になってほしいから)    

■ 性格別防犯シュミレーション

  (子どもの気持ちを考えて伝えるコツとは)   

■ スマホ、タブレットのもたせ方

  (危険を知り、ルールを決める。道具の使い方を通して自立と自律をかんがえる)

 

中級講座4

■ 子どもに贈るアルバム作り

  (無条件の愛が子どもを支えると実感できるアルバム作り)

 

  (もうアルバムは作ってるという人もこれは必見!)   

 

 

もちろん、

世の中にはたくさんの良い本があって

そのコツは自分でも調べることができます。

それで実践出来たら

ほんとうにいいですよね。

 

 

でも、

 

実際には

なかなかできません。

 

 

自ら学んで、アウトプットして、

我が家に落とし込んでいくしかありません。

 

 

「パンツの教室」で学んで

 

やり方が分かれば

堂々としていられるし

笑顔でいられるし

 

何より

楽しい!!

 

 

この受講であなたが得られるもの

  • いつから何から始めればいいのかわかることにより、行きあたりばったりではなくなり、安心して対応できる

 

  • 子どもへの声かけのコツがわかることにより、一見取り扱いが難しそうな「性の話」「命の話」を、楽しくわかりやすく子どもに伝えることができる

 

  • 子どもの気持ちがわかることにより、「あかちゃんってどこからくるの?」という質問に笑顔で答えられる

 

  • 性に対するイメージが変わることにより、「恥ずかしいこと」「いやらしいこと」ではなく、「大切なこと」「命の話」として取り扱えるようになる

 

  • そもそも、なぜ性教育が家庭で必要なのかがわかることにより、会話の中に積極的かつ肯定的に取り入れることができるようになる

 

  • ポイントを知って肯定的に伝えられたことにより、子どもは外で下ネタワードを言わなくなる

 

  • 肯定的にとらえることができたことにより、テレビでラブシーンが流れても「チャンス!」と思えるようになる

 

  • 肯定的にとらえることができたことにより、子どもの恋愛話も笑顔で受け止められるようになる

 

  • 今の子どもたちを取り巻く現状がわかることにより、子どもたちの現状に応じた防犯意識を持つことができる

 

  • 防犯意識をもつことにより、危険察知力が高まる

 

  • アウトプットを試行錯誤することにより、自分の子どもにあった伝え方に気づくことができる

 

  • わからなかったことが分かるようになり、子どもの成長と自分の成長の両方を楽しむことができる

 

  • 話せなかったことが話せるようになり、子どもとのコミュニケーション力がアップする

 

  • 土台を築くことにより、思春期の様々な問題に前向きになれる

 

 

 

やり方が分かれば

堂々としていられるし

笑顔でいられるし

 

何より

楽しい!!

 

 

性の知識はお守りです。

 

自分のからだも

相手のからだも守る

お守りです。

 

 

この学びを得たお母さんによって

 

 

子どもは根拠のない自信を手に入れて

 

笑顔で生き生きと成長できる

 

 

そう信じています。

 

 

本質 ~ほんとうに伝えたいこと~

 

いつぞや廃人のようになった新米ママだった自分を救ったのも

いつぞや鬼の形相だった不器用な自分を救ったのも

 

その根源は

育った環境で得られた

根拠のない自信にあるとお伝えしました。

 

 

その前提を土台に

 

トヨタマキのスタディルームが

「学びは人生を豊かにする」という

キャッチフレーズを掲げているのは

 

 

知ることでラクになる

 

学ぶことで自信になる

 

アウトプットすることで楽しくなる

と強く思っているから。

 

これは性の話に限ったことではありません。

 

例えば「差別の話」

 

「お母さん、赤ちゃんはどこから来るの?」

と同じように

 

「お母さん、差別ってなあに?」

と聞かれたとき

 

あなたはこたえることができますか?

 

 

あなたがその時

どう答えるかということが

 

 

子どもの心を作っていきます。

 

 

 

そのときに

 

ドギマギしたり

 

避けたり

 

無関心だったりするのではなく

 

 

 

「差別って〇〇ってことだよ」と

 

 

わかりやすく

 

正しく伝えることができたら

 

 

その子は差別をしない子になると

 

私は思うのです。

 

 

子どもの年齢や性格によっても変わりますが

 

私なら

 

「差別って

その人が

生まれた場所

性別

肌の色とか

 

その人には責任のとりようのないことを理由に

 

不当な扱いを受けたり

不利益をこうむったりすること」

 

と答えます。

 

(子どもの年齢で言い方はまったく異なりますが・・・)

 

 

シンプルな伝え方を

知っているということは

 

自分をラクにします。

 

 

 

 

シンプルな伝え方を

知っているということは

 

いろんなアウトプットを可能にします。

 

「たとえば、あなた(子ども)が

このお仕事したいなと思ったときに

あなたは女だからダメって言われたら

どうだろうね」

 

「たとえば、あなたが(子ども)が

あの子と結婚したいなと思ったときに

あなたはあそこで生まれたからダメって言われたら

どうだろうね」

 

 

いろんなことが言えるようになります。

 

 

子どもに何かを聞かれても

 

一緒に考えることができるようになります。

 

 

学びが人生を豊かにすると考える本質は

 

ラクになる

自信になる

楽しくなる

 

そこにつきます。

 

 

私は

パンツの教室の講座というツールを使って

最大限に

 

ラク!自信!楽しい!を

 

お届けして行きたいと考えております。

 

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

 

トヨタマキのスタディルーム
トヨタマキ