とにかく明るい性教育

パンツの教室インストラクター(久留米・小郡)の

トヨタ マキです。

 

パンツの教室って?

という方はぜひ公式サイトをご覧ください!

パンツの教室公式サイトはこちら

 

 

福岡県小郡市在住、子どもは3人。

性にオープンな大家族の中で成長し、

性にオープンな大家族の嫁となりました。

 

以前の私は

子どもとからだの話をすることは

大変なことではないと思っていました。

「赤ちゃんはどこからくるの?」という質問も

本当のことを伝えればいいと思っていました。

 

でも、

世の中のお母さん方は困っておられる・・・

そのことを知って胸がざわつきました。

 

 

あるとき、

子どもの学級懇談会で、

あるお母さんが

「最近、子どもたちが性のことに興味をもってるみたいで、

どうやって子供ができるとか、

お父さんとお母さんはSEXしたのとか、

なんかオ〇ニーとかいうことばも知ってて、

私どう答えていいのか分からなくて・・・」

と悩みを打ち明けてくださいました。

 

私は心の中で思わず叫びました。

「やったね!そんな質問してくれてラッキー!!」

「よしきた!私なら、こう言ってこう言うな~(妄想♪)」

 

だけど、・・・ぐっと飲み込みました。

 

世の中のお母さん方がドン引きしない言い方を知らなかったから

 

どう伝えたら

楽しく伝えられる方法があるよと言えるのか?

 

 

だけど大事なことだから

伝えたい、

でも伝え方が分からない!

 

子どもにではなく

目の前のお母さんに

伝えるすべを知らなかった

 

だから

何も言えずに

ただモヤモヤだけが残って・・・

 

しかも

その場にいた先生からの回答もない、

誰も何も答えを出せないままの教室から

ただ、悶々とした気持ちで帰宅するしかなかった自分が、

なんともやるせなくて

悔しい気持ちでいっぱいでした。

 

 

 

 

それから1年以上たったある日、

偶然見つけた

のじまなみ先生のブログで

 

とにかく明るい性教育「パンツの教室」

の存在を知りました。

 

ここで学べば

お母さん方への伝え方を教えてくれる!!

 

お母さん方への伝え方、

ただそれだけが知りたくて受講したのです。

 

 

だけど

お母さん方への伝え方以上に

多くの学びを得ることができました。

 

 

この学びとアウトプットは

 

親子の会話を増やし

喜びを増やし

安心・安全を増やす

 

 

新米お母さんにも

お子さんとの時間があまりとれないお母さんにも

ついつい怒りん坊になってしまうお母さんにも

 

会話を増やして喜びを増やすと思うのです

 

「性教育が?」

 

はい、性の話が。

 

 

だから

私は強く薦めたい\(^o^)/

 

 

自分のことも相手のことも大切にできる子に

 

警戒心や防犯意識のある子に

 

命の誕生を喜ぶことができる子に

 

そういうことができたら

その子自身が生きやすいから

 

 

知ることでお母さんがラクになる

学ぶことでおかあさんが自信を得る

アウトプットすることで親子で楽しくなる

 

そういうことに気づけたら

お母さん自身が子育てを楽しむことができるから

 

 

そのメソッドが詰まっていると思うから\(^o^)/

 

 

子どもと性の話ができたらね

こんないいことあるんだよ

「親が子どもに明るく伝える性教育は、百利あって一害なし」

 

そう私が実感した、

魔法みたいな

とにかく明るい性教育「パンツの教室」

 

思いっきり楽しくお伝えしていきたいな

と思っております。

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました\(^o^)/