おうちでコツコツ♡パンツの教室ブログについて

こんにちは。
パンツの教室【久留米・小郡】インストラクター
トヨタマキです(*^^*)!

突然ですが、わたし
子どもって勝手に育つと思ってました。

親がまっとうに働いて
元気で笑ってたら
まーまー大丈夫やって思ってました。

2019年、
子どもがプチ不登校になって
はじめて子どものことを見るようになりました。

・・・はい、

それまでは勝手に育つスタンスだったので、
あんまり気にしてなかったのです。

それでも、悲観的にはなりませんでした。
私自身が前向きな性格だったので。

親が子どもの話をきいて
この子は何がしたいのかな
この子は何が好きなのかなって

愛情なんてうまく伝えられないけど
あなたが好きだよ大事だよって
そういう目線で子どもを見てたら

たぶん大丈夫やって思っていたからです。

2020年半ば、
パンツの教室の先輩、長崎みなこ先生に質問されました。

「トヨタさんは困ってること、弱みありますか?」

その質問に、
「ありません・・・」と答えた私。

でも、その後から、その質問がボディブローのように、
あとからあとから何度も何度もリフレインしました。

「もしかしたら、私がいけないってこと?」

そこからはグルグル考えました。

考えるだけでは、もともとあった「根拠のない自信」が減っていく感じがして、
「誰かに聞きたい!」「誰か教えて!」と思いました。

パンツの教室つながりで、親勉チビーズ協会というのがありまして、
いしいおうこ先生にお尋ねするしかないと思いました。

親勉チビーズ協会の親子コミュニケーション講座を受け、
褒め方叱り方講座を受け、

ようやく、長崎先生の質問の意味が腑に落ちました。

私が子どもに求めていることの多くは
私自身できていないことだった!と。

子どもの「できていないこと」にフォーカスして
どうしてできんの?
何がわからんの?
そんな簡単にあきらめてどうすんの?
決めたことはやれ!
なーんて、
自分ができてないことも子どもに要求してましたよね、自分って。

はじめて見つめた自分自身。

私が子どもに求めていることの多くは
私自身できていないことだったんやんって。

でも、「自分が駄目なんだ」で解決することは何もないわけで。

あらためて
自分自身の親への感謝や
子どもと一緒に自分育てをしたらいいのだという前を向くことができました。

子どもに要求してたこと
ぜーんぶそのまま自分に返したろうと思う2020年冬。

時期を同じくして
いくつか出会いをいただきました。

とりあえず
なにかが少し変わりそう
そんな予感を胸に
ブログを書いていきます。

別にそんなに困ってなかったママが
ちょっと自信をなくしたときに
私のエピソードが救いになると嬉しい
です。

ブログに書くのは自分が経験したこと。

だいたい、
パンツの教室・明るい性教育・アロマヨガ・乳がん・同居の話など。

親だって人間やん。
間違ったり迷ったりうまくできんことあるやん。
なのに、子どもには望むんやん。
(▲私のこころの声)

子どもに望む前に

自分を整えたい、
自分を信じたい、

そんなトヨタマキになるよ宣言、2021年新春スタートです!

2021年1月1日 トヨタマキ

▼パンツの教室 長崎みなこ先生ブログ▼

▼親勉チビーズ協会▼

▼とにかく明るい性教育パンツの教室協会▼

トヨタマキってこんな人
こんにちは!【福岡県で活動中】パンツの教室 インストラクタートヨタマキですm(*^^*)m生まれも育ちも福岡県内、現在、夫と子どもたちと義母と義姉と7人で暮らしています。写真の子どもたちも今では、長女13歳・長男1...

プロフィール2
トヨタマキの名前のこと、家族のこと、好きな食べ物について書いています。年齢も。

タイトルとURLをコピーしました