悩み多き中学2年生のあなたへ【自分を守る方法】

Pixabayからの画像雑記

こんにちは。
パンツの教室【久留米・小郡】インストラクター
トヨタマキです(*^^*)!

今日は、悩み多き中学生へ
手紙ふうで書こう。

【何となくきっついな~と思っている中学2年生のあなたへ】

こんにちは。44歳のどこにでもいるおばちゃんです。

今日は「何となくきっついな~」って思ってる中学2年生のあなたにお手紙を書きます。

おばちゃんは、中学2年生になる前に、病気になって入院してな、
1ヶ月か40日か忘れたけど、ちょっと学校休んでたん。

中学校は8クラスあって、私の中2のスタートは5月の連休明けで、
まーまー孤立しとった。

特にいじめっ子がいるわけでもなく、
友だちが誰もいないというわけでもなく、
特に勉強が分からないっていうわけでもなく、
家庭環境に食べていかれないほど問題がある訳でもなく、
でも何となくキッツいなーという時。

おばちゃん、月に1回、学校を休みました。

ここ、ポイントやけど、
自分が別の意味でキツくならないように、
工夫して休みました。

ずっと休むと親も先生も心配するやん。
同居してるメンバーに面倒な人もおるやん。
なんか言われるのもイヤやん。

でも、「なんか分からんけどきっついな~」なの。

だから、自分の身体と心を守るために、月に1回学校を休もうって決めたの。

「えっと~今月は~真ん中の15日に休もう」とかね。

そうすると、
15日まで頑張れる。

1日休んだら、また行くよ。
次の休みはもう決めとく。
それに向かっていくほうが頑張れる。

土日の休みと違うのよ。
自分で決めた休みなの。

自分で自分の機嫌をとる。

おかしな薬とかに頼ったら駄目よ。
もっとキツイだけだから。

自分ではどーしようもなくきつかったら、
身体を休ませてあげるの。
1日だけだと簡単でしょ、「風邪引いたみたいで微熱がある」で終わり。

1ヶ月に1回が、おばちゃんの場合はちょうどよかった。

あなたがどのくらいの日数か、どのくらいのスパンか分からないけど。
ちょうどいいバランスが見つかるといいな。

おばちゃんは、半年くらいこんな感じだったかな、
そのうち、月に一度の休みを決めなくなった、自然と。
それとも、3年になってクラス変わったら、休みが要らなくなったんだったかな。
もう忘れたけど、まぁずっと同じ感情ってことはないよ。

自分で自分を大切にしてあげるんよ。

おばちゃんには、家はあったし、部屋もあったから、自分の体を休ませることができたけど、
それがなかったらキツイわな。
(その場合は市役所で手続きするよ。方法はある。)

「みんな優しいのに、ごめん」とか思わんでいいんよ。

自分がキツイときは、自分を大切にしてあげるんよ。

ちなみに、おばちゃん、反抗期は小学校のときにピーク終えとって。
だいぶ当たり散らしたり、させてもらってたん( ̄▽ ̄;)

人と人とがぶつかるって、まーまーエネルギーいるよね。
そういうのも面倒な時、あるもんね。

大丈夫。
3ヶ月後、半年後、1年後、
今とまったく同じではない。
あなたも周りも変わってる。
いいふうに変わってる。

最後まで読んでくれてありがとう♡

今日もあなたにいいことがあるように祈ってるよ(*˘︶˘*).。.:*♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました