弱音をはける安心安全な場所【お母さんの学校】

お母さんの学校

こんにちは。
トヨタマキのスタディルームです(*^^*)!

突然ですが、弱音とか吐けます?

私、去年(2020年)まで
弱音なんて吐きたくなかったです。
弱みはあっても、フォーカスしないで生きてきたし、
弱音の吐き方も知らんかったです。

なんなら、弱いっていう字が
そもそも好かん(笑)

わたしの人生のお師匠様は実母で、
とても優しい人ですが、
オロオロしたところも弱っているところも
全く見せない人だったので。

そのおかげさまで、
元気に前向きに生きてこられたんだけど、
今思えば、そこそこ粗暴でした。

はじめての妊娠中も張り薬を飲みながら働き続け、
予定日3週間前に産休に入ったその日に出産しました。
痛みにも鈍感だったのか、
大便に行きたいと思ったら、
我が子が出てきてビックリ。

「明日子どもとプールに行きたいけど、
倒れたくないんで点滴してください」って病院に行ったら、
2日後、病院から
「血液検査結果が入院レベルです」と電話をもらうくらい。
鈍感?・・・バカ?

43歳で乳ガンになってもなお、
「ステージゼロとか、さすが私の身体はお利口さん」
と思っていたくらいです。

そんな私がはじめて泣けた。

初めて弱音を吐いた場所があります。

▽お母さんの学校▽

今まで10,000人以上の親子の悩みに向き合ってきた
悩み解決のスペシャリスト
矢部裕貴先生がつくった学校。

「おかあさんの学校」とか「お母さんのがっこう」とか、
この世には同じ名前の学び場が沢山あるけど、
(こんなに沢山あるのかよ、ってくらい有る)

▽この、学校ね▽

矢部先生、まだ若いのにすごい(笑)

見方によっては
「宗教みたい」って怖がったりとかも、
あるのかもしれない。

でも、ご縁があって入学させてもらいました。

入ってみて、驚いた。

そこは、弱音を吐いていい場所だった。

「こんなことで悩んでいます」
「こういうことで困っています」

打ち明けることができて、
受け止めてもらって、
完全承認の場所でした。

興味ある方は
体験入学もあるよ(笑)

性教育のハードルは劇的に低いくせに
人に弱音を吐くっていうハードルは高かった私。

あなたは、どんな高いハードルをお持ちですか?
一緒に飛び越えてみませんか♡

最後までお読みいただきありがとうございます゚(*˘︶*).。.:*♡
今日もあなたにいいことがありますように♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました