「夫婦を超えていけ」ならぬ「嫁姑を超えていけ」

同居

こんにちは。
パンツの教室【久留米・小郡】インストラクター
トヨタマキです。

▲ここは、小烏(こがらす)神社。
本日は、ココに年始のご挨拶に行きました。

家内安全、商売繁盛、子どもの守り神として、地域住民から多くの信仰を集めている氏神様。
住宅街の中にある小さな神社。
人もまばらで、こじんまりしたゆっくりした雰囲気の場所。
お天気もよくて、とっても気持ちよかったです。

でね、からす繋がりで思い出したことを。

年末に自宅にカラスが住みついて。

庭に洗濯物を干すときに、パンパンと洗濯物を干しまくる私の横に、体長30cmくらいの大きなカラスがいて超びっくり。

こんなに近くに、スズメみたいな存在感で、カラスとは!?

それから、毎日のようにカラスが庭にいて、
怖かったんですけどね、

義母「カラスがすみついたんかね」

私「あのカラス、でかいよね」

義母「近いよね」

私「逃げないよね、(死んだ)お義父さんが何か言いにきたんやない?」

義母「お迎えかいね? 私か(高齢の愛犬の)ハルちゃんか、どっちかね?」

私「まだ結構ですって言わんね(笑)!」

義母「(爆笑)! もうよございます。いつでも迎えに来てください。」

私「なにか神様のおつかいじゃない(笑)! わー、そんなら大事にせんと。いつも見守ってくださってありがとうやん。」

それから、すぐそばの大きなカラスを尻目に、2人でこの黒い訪問者を笑い飛ばしながら、こんなふうに笑い会えることに感謝の年末だったことを思い出しました。

そのカラスは羽を痛めていたのかもしれないし、どうしてうちに毎日いたのかは正直わかりませんが、「黒い・大きい・不吉!」で捉えるのではなく、
「大きい・お義父さん・感謝!」と笑い飛ばせることが嬉しかったです。

結婚と同時に同居して早15年。

たくさんの感情と向き合いながら、今があります。
ネタは豊富♡
今年、すこしずつ小出しにしていきます♪

最後までお読みいただき、ありがとうございます♡
今日もあなたにいいことがありますように゚(*˘︶˘*).。.:*♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました