SNS嫌いなヤンキーママを変えた子育てバイブル

お母さん心理学
un-perfektによるPixabayからの画像

こんにちは。
トヨタマキのスタディルームです(*^^*)!

「お母さんの学校」って何?と言いますと、

ホームページで確認!

…あえてまとめますと、
「一人で悩むお母さんを救いたい!」と立ち上がった心理カウンセラー矢部が校長を務め、

子育てを最幸に楽しんでもらうためのバイブル=「お母さん心理学」を伝える活動と、
お母さんのためのオンラインコミュニティ空間を提供してます。
(あってる、よね、矢部先生?)

でもって、
「お母さんの学校」に入るには、
フェイスブックアカウントがいるのね。
脳内ヤンキーの私にとっては、
SNSは、まぁ面倒なイメージしかございませんでした🙏

でも、困ってたんだよね、私。
息子が陰キャで。
この子のこと、分かってあげたいけど、
どうにもこ~にも無理ーって。

2021年1月、
お母さんの学校に入学して、私が最初にしたことは
「私は今、こんなことで困ってます」と打ち明けることでした。

「悩みは弱み」「息子にケンカ売られてますわ」と思っていた私が、
もはや自分の価値観ではにっちもさっちも行かなくなって、
「ここの人たち、優しそうだし、
直接の知り合いでもないし、言いやすいや」
で、ポロリと息子のことを話してみるというね、
何とも不徳の致す感じのスタート。

でも、その投稿に、
矢部校長、マッチ教頭が即座に回答してくれただけでなく、
学校のメンバーさんたちがたくさんコメント寄せてくれて。

そりゃもう、
私のカチカチの価値観が揺さぶられました。

会ったこともない、
話したこともない、
私と息子のことを、
完全承認してもらって。

「悩みは願い」だと教えてもらって。

間違ってるんじゃなくて、
知らなかったんだと分かって。

「お母さん心理学」が私の力になり、
私が私を許すことになり、
息子の見方を変えることになりました。

困ったときのおまじない。
リーテ・ラトバリタ・ウルス…
あのラピュタのおまじないが、
私にとっては「お母さん心理学」となりました。

子育て中に壁にぶつからなければ、
「お母さんの学校」に入学することはなかったはずなので、
今では学校に行き渋った息子に感謝してる。

ツールは何でもいいのです。
でも、ここに、
万能ツールがありました(*˘︶˘*).。.:*♡

人間関係全般、全面的に通じます。
ぜひ、お試しあれ。

最後までお読みいただきありがとうございます(*˘︶˘*).。.:*♡
明日もあなたにいいことってがありますように☆彡

コメント

タイトルとURLをコピーしました