子どもの気持ちに寄り添うって、どうやるんだっけ?

雑記
Patrice AudetによるPixabayからの画像

こんにちは。
トヨタマキのスタディルームです(*^^*)!

例えば子どもが
宿題にめちゃ時間がかかってて、
本人も「もう書けない」とネガティブな時、
以前の私なら

「そんなことでどーする?」

「やればできる!」

「どこが分からんとさ。」

「・・・」(「何でもっと早くにやっておかないかねー?」という心の声を振りまきながら、無言で見守る)

だけど、
お母さんの学校での学びのおかげ
ごきげんママからの学びのおかげで
だいぶん変化することができました。

我が子の気持ちに寄り添ってみる。

「あぁ、もっと上手に書きたいんだね。」
「うまく書けなくて悲しいんだね。」

まずはここから。

心の紐解きは、実は自分のココロも紐解いてしまう。
不思議な感覚。
自分が悲しかったことを思い出したり。
昔の記憶がぽろりと降りてきて。

「がんばりたいんやん、この子」

そう思ったら愛しく思えた。

2021年1月からお世話になっている、お母さんの学校。
子育てに悩んでいる方は
よかったらのぞいてみてください♡

最後までお読みいただきありがとうございます゚(*˘︶˘*).。.:*♡
今日もあなたにいいことがありますように♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました